ARTIST

お問い合せ

菅原直樹/OiBokkeShi

SUGAWARA Naoki / OiBokkeShi

スプラッシュサイト:公演

世界ゴールド祭2018 さいたまゴールド・シアター×菅原直樹『よみちにひはくれない』浦和バージョン/Photo:Maiko Miyagawa 提供:(公財)埼玉県芸術文化振興財団

『よみちにひはくれない』
再開発が進む大宮の街を俳優と共に徘徊しましょう。虚実入り混じる「老い」「ぼけ」「死」の物語を紡ぎ出します。

『あほぞら』
一軒家で93 歳の俳優とゆったりとした特別な時間を過ごしてください。何気ない日常に老いの花を咲かせます。

菅原直樹/OiBokkeShi

Photo: Kazuki Kusaka

劇作家、演出家、俳優、介護福祉士。「老いと演劇」OiBokkeShi主宰。桜美林大学文学部総合文化学科卒業。青年団に俳優として所属。小劇場を中心に前田司郎、松井周、多田淳之介、柴幸男、神里雄大の作品などに出演する。2010年より特別養護老人ホームの介護職員として働く。2012年、東日本大震災を機に岡山県に移住。認知症ケアに演劇的手法を活用した「老いと演劇のワークショップ」を全国各地で展開。超高齢社会の課題を「演劇」というユニークな切り口でアプローチするその活動は、近年演劇や福祉のジャンルを越え多方面から注目を集める。
これまでの作品に『よみちにひはくれない』(2015)、『老人ハイスクール』(2015)、『BPSD:ぼくのパパはサムライだから』(2016)、『カメラマンの変態』(2017/18)など。平成30年度(第69回)芸術選奨文部科学大臣賞新人賞(芸術振興部門)受賞。

http://oibokkeshi.net