ARTIST

お問い合せ

Sightama Art Center Project Team

Sightama Art Center Project Team

アネックスサイト:プロジェクト

Sightama Art Center Project オープニングイベントの様子 2019年8月10日 市民会館おおみやにて

『Sightama Art Center Project』は生活都市さいたまで、市民や来場者自身のライフスタイルに合わせた「アートへ参加する習慣」をつくりだすプロジェクトです。今回の芸術祭を機に、作家と市民が協働し継続的なアートの場づくりを試みる「浅見俊哉・青木裕志・山本未知・懸谷直弓・小林未季」の5人のメンバーが集いプロジェクトを展開しています。5人がそれぞれ分野の異なる創造力を持ち寄り、「日常賛花―さいたまでアートに参加し・伝え・感じ合う」を合言葉に、2019年8 月から芸術祭会期中まで、約70のアートプログラムを継続して開催しています。芸術祭後も続く、しなやかで逞しいアートの場を皆さんとつくっていきたいと考えています。

asami shunya

©K.Tamura

浅見俊哉

美術家・写真作家・造形ワークショップデザイナー。1982年東京都葛飾区生まれ。埼玉県在住。
2006年文教大学教育学部美術専修卒業。「時間」と「記憶」をテーマにカメラを使わない写真作品(フォトグラム)を制作する一方、その魅力を伝えるワークショップを全国各地で開催する。「つくること」と「つたえること」の両輪を持って活動する事が自身の芸術活動であると考え、制作者と鑑賞者の創造力を双方向に生み出す「場」や「時間」を精力的に創り出す。
「さいたま国際芸術祭2020」市民プロジェクト・コーディネーターを務める。

青木裕志

©Shunya.Asami

青木裕志

Sightama Art Center Project アシスタントコーディネーター。主に水曜日のプラグラムを担当する。grandtreehouserecords、はなしプロジェクト代表。国内外問わず、音楽に関わる組織、運営に、表裏方として尽力し、音楽の表現者の場づくりに関わる。声、響、世界観の表現に特化。

山本未知

山本未知

埼玉県さいたま市出身。日本大学生産工学部創生デザイン学科卒業。日本建築学会準会員。「coconogacco」プライマリーコース(第14期生)。「これからの本屋講座」(第11期生)。
thirdkindbooks代表。大学の卒業研究をきっかけに書籍に関わる実用品、環境設計に新たな可能性を提案している。

懸谷直弓

©Shunya.Asami

懸谷直弓

埼玉県所沢市生まれ。都市銀行での勤務を経て、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科で学ぶ。2018年に「2.5次元の触覚」が東京都知事賞を受賞し、上野恩賜公園内に長期展示される。工場と美術を繋げる「アート&ファクトリー」活動をはじめ、愛に触れる手段を表現するべく作品制作を行っている。

小林未季

小林未季

埼玉県蕨市出身。人の心に寄り添う楽曲、深く透明な歌声は支持も高い。2019年は舞台『刀剣乱舞 慈伝 日々の葉よ散るらむ』OP曲ストリングスアレンジ、『夕-ゆう-』『あの星に願いを』劇伴。映画『Wasted eggs』では主題歌と劇伴を担当し、タリン・ブラックナイツ映画祭にノミネートされる。景色の見えるような音楽で人の心を癒すことを軸に活動を続ける。

PROJECT

プロジェクトの概要は以下の画像をクリックするとご覧いただけます。

sightama art center project

Sightama Art Center Project

市民プロジェクト