ARTIST

お問い合せ

懸谷直弓

KAKEYA Nayu

スプラッシュサイト:展示

「2.5次元の触覚」、2018、アルミニウム、鉄380×250×250cm

人生の中で一番長く過ごした場所はさいたまです。ワクワクしながら楽しく芸術に関われる場所がさいたまに生まれて、とても嬉しいです。たくさんの人が訪れるよう、全力で芸術祭を盛り上げていきます。芸術祭をきっかけにアートと関わることによって、自分の思考を再認識したり、周りの方々と共有して感動したり、様々な可能性に気づくことができるはずです。この体験が、日常を生きる元気や勇気に繋がると信じています。

懸谷直弓

©Shunya.Asami

アイテムクリエイター・美術家。ゴブリンとエルフのハーフ。埼玉県所沢市生まれ。大妻女子大学文学部日本文学科首席卒業後、都市銀行での勤務を経て、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科で学ぶ。在学中にe-Sports「HADO」のデザイナー兼イベントMCとなりVR・ARゲーム業界に関わる。2018年に「2.5次元の触覚」が東京都知事賞を受賞し、上野恩賜公園内に長期展示される。現在は、工場と美術を繋げる「アート&ファクトリー」活動をはじめ、愛に触れる手段を表現するべく作品制作を行っている。朝日新聞社withnews連載予定。講談社「FRIDAY」美女水着図鑑3位。東京農林水産を盛り上げるTOKYO LOVERSメンバー。皇国晴酒造コラボ企画クラウドファンディング130万円達成。井野アーティストヴィレッジ所属。

citizen project logo