ARTIST

お問い合せ

マーク・テ

Mark TEH

アネックスサイト:3F

Mark Teh『仮構の歴史(仮題、ワーク・イン・プログレス)』、2019年、TPAM(国際舞台芸術ミーティング in 横浜)/Photo: Hideto Maezawa

 

マーク・テ

マレーシア・クアラルンプールを拠点に活動する演出家、研究者。様々なプロジェクトをとおして、特に歴史、記憶、都市といったテーマを扱う。その活動は主にパフォーマンスとして実践されるが、展覧会やアート・インターベンション、執筆活動、キュレーション、教育活動などを通じても展開される。ロンドン大学ゴールドスミスカレッジで芸術政治学の修士課程を修了。マレーシアを拠点とするアーティストやアクティビスト、プロデューサーからなるコレクティブ「ファイブ・アーツ・センター」のメンバー。

http://www.fiveartscentre.org